平林潤ののぼりの殿堂

のぼりの知られざる歴史

平林潤ののぼりの殿堂メイン画像

のぼりは日本では邪馬台国からのかなり太古の歴史から活用されてきたのです

のぼりの知られざる歴史

のぼりって現在では、お店の告知とか宣伝用に、メインに利用されていますよね。

でものぼりって、近年になって急に登場したというわけではないんです。

実は驚くことにのぼりって、はるか昔、邪馬台国の頃より、すでにのぼりとして活用されてきたといわれているんです。

そんな頃から利用されてきたなんて、のぼりに対する見方が変わるほど、大変な驚きですよね。

でもその頃ののぼりって、当然ですが今みたいにスーパーなどで、売出しとか告知で利用されてきたわけではありませんよ。

その時代ののぼりって、よくテレビでも見かけた人もいるかもしれませんが、のぼりのメインの利用方法というのは、主に戦いに利用されていたといわれているんです。

戦いって敵も見方も入り乱れるから、誰が誰かわからなくなりますよね。

そんなときに、敵とか見方を見分けるためにのぼりが利用されていたんです。